面白可笑しく♪ボンボン☆ぼん♪

ゆうこの周りで起きた面白可笑しい出来事を思い出して綴っていきます。 ゆうこの面白話しで笑ってくれる人が一人でも多くいれば嬉しいです。 姉妹ブログ(愛犬クッキーのブログ)クッキーボンボンもよろしくね♪

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、世界最大級と謳われる大阪の富田林で行われるPL花火芸術を観に行ってきた。

過去自力で2回、この花火を観に行った事があるのだが、このあたりは雑木林や花火を見るのに邪魔な建物も多く、良い観覧席を確保するのにかなり難しい。

しかも帰りは大渋滞に巻き込まれヒドイ目あう。

しかし、そんなヒドイ目に合おうとまた行きたくなるのがこのPL花火芸術!

私が今まで生きてきた中で、これほど素晴らしい花火はここPL花火をおいて他にないであろう。

クライマックスのスターマインの連発は、まるで火山の噴火と見間違えるほどの迫力だ!





毎年8月1日に行われるPL花火。

7月の下旬。

また行きたくなった。

今年こそはベストポジションでこの花火を見るべく、ネットを探り始めた。

毎年、この花火のためにバスツアーが組まれている事を知っていたのだ。

「あった。あった・・」


ん??


ゲッ!


結構な値段するやんけ!

ツアーは1万2千円ほどしていた。

最寄の駅からの出発でお弁当とお茶がついている。

でも今年はベストポジションの花火がどうしても観たいのだ。

高い・・

でもベストポジション・・・


私は震える手でマウスをクリックした。

ポチ・・


申し込んだー!

これであの素晴らしい花火がついに!ついに!ベストポジションから観られるのだー!!

喜びでその場で小躍りをし出した。

それからの数日楽しみで楽しみで毎日花火を思っては、一人ニヤけていた。


そして待ちに待ったPL花火の当日がやってきた!

前日の夜にアイスキャンデーの食べすぎでちょっとお腹がゆるくなっていたが、これから花火を観ると思うとその感動で、さほど気にならなかった。



バスはお昼の1時過ぎに出発の為に昼ごはんを駅の近くでとることにした。


駅に行くまでに「インド料理」の看板が目に入った。

カレー好きの私とダンナは美味しい匂いにつられてそのお店でお昼をとることにした。


その頃には少しお腹のゆるかったことなどスッカリ頭から消え去っていた。

香辛料たっぷりの本格インドのカレーは絶品であった。

額に汗をかきあまりの美味しさでバクバク勢い込んで食べていた。

そして、食べ終わった数分後・・・。


ピ・・ピピピ・・・


コロコロ・・。


お腹の中で何かが踊りだした。




ピーーーーーー!




すぐさまトイレに駆け込んだ。



少しゆるかったお腹は・・


もう大洪水のような勢いになっていた。



しまった・・・。


これからバスに乗るっていうのに・・・。



後悔先にたたずとはこういう事を言うのだ。




洪水が少し収まってきたので、店を出て出発の駅まで急いだ。


駅に着いてから出発の時間までは10分少々あった。


また洪水が起こりだした。


トイレへ駆け込み洪水をおさめた。



人生上、カレーを食べてこれほど後悔した日はなかった瞬間であった。


・・・。





なんとか小雨程度になり無事バスへ乗り込むことができた。


あやうく1万2千円も払いながら洪水の為に何日も楽しみにしていたツアーをおじゃんにするところであった。



ダンナのケンはこういうツアーは初めてだと言う。



家族連れの客が多いんかな~?と聞いていたケン。


私はきっと、ジジババばっかりのツアーやと思うで!と言っていた。


バスに乗って落ち着いて辺りを見渡すと・・・



見事予感的中!




ジジババのオンパレードであった。



私らの席はバスの一番後ろであった。


5人掛けの1列の窓側の2席が私らの席であった。

真ん中には態度の大きなジジィが座っていた。

両肘を肘掛にデンッと掛け、前の席の補助席を倒しそこに足を乗せていた。


ケンはジジィの肘が自分の横腹まで飛び出してきている事に憤慨していた。


顔を見ると少し出ている下アゴが倍の長さまで飛び出し目はいつもより余計に細くなり、不機嫌そのものの顔をしていたのだ。


私はそのアゴの飛び出た不機嫌なブサイクなケンの表情におかしくなってニヤけてしまった。



バスは予定よりかなり早くに着いた。


お昼の2時45分に到着したのだ。


花火は夜の8時頃に打ちあがる予定だ。

約5時間。

この炎天下で5時間。


添乗員さんから、何か赤い棒状のような物が配られた。


それは紙製の簡易帽子であった。

広げると丸い帽子になる。


広げた帽子を前の席の人が早速被っていた。


それを見たケンが今までの不機嫌な表情から、飛びっきりの笑顔へと変わった。



「まるでリンゴやん!」



そう・・その帽子はまるでリンゴのようであったのだ。





赤い帽子


私らはそのリンゴの帽子を見て声を押し殺しながら笑っていた。


帽子と弁当とお茶がバスの中で配られた。


一通りの説明が終わるとバスを降りて添乗員さんと一緒に観覧席まで歩いていった。


駐車場は住宅地の中にある、どこかの資材置き場で、連日の天気で土はカラカラに干からびておりバスが入ってくるたび白い土ぼこりが辺り一面に舞い上がっていた。


観覧席はそこから10分程度山へ歩いた場所にある。

120台ものバスのツアー客が一斉にその山の上にある観覧席へ向うため道中は凄い込み合っていた。

添乗員さんの旗を目印に道を進んでいくと、あの先ほど手渡された簡易帽子を被っている人がチラホラいた。


しかし、赤色ではなかった。


あの簡易帽子はバスによって色々な色があったようだ。


その帽子を被っている人を見てまたケンの表情が固くなった


「なんでオレらだけ・・・



リンゴやねん!


私は炎天下の中、土ぼこりにまみれ混雑した山道を歩きながら・・・



「そんなん、どうでもええわ!」と思った。


リンゴであろうがなかろうが、ケンは絶対被らないであろう帽子に何故そこまで憤慨しているのかサッパリ理解できなかったのだ。



帽子には茶色一色もあった。


それはまるで、ダンボールを被っているようでもあった。



私は、ダンボールよりリンゴの方がマシやんけ!とも思った。


2色つかいの帽子もあった。


それはまるでピエロのようでもあった。



いつしか、その簡易帽子は炎天下の暑さよりも、土ぼこりよりも、山道よりも・・・

私らの心をつかみやがて笑いへと変えていった。


色んな帽子を見つけるたび、ケンと色々な想像をして笑っていた。


笑っている間に観覧席に着いた。


それからの数時間。屋台へ行ってカキ氷を食べたりして時間を費やした。


日陰でシートを敷いて腰を下ろして喋っていたら、案外時間は早く過ぎていった。


日が暮れた頃に観覧席へと戻っていった。


観覧席に戻るとやはり辺りはじぃちゃん、ばぁちゃんのオンパレードであった。

後ろの席には、ばぁちゃん同士5人が陣取っていた。

ばぁちゃんらは裕福そうな身なりで楽しそうに喋っていた。

大きな声でしゃべっているのでその会話は自然と私らの耳へと入ってきた。

「なー?タイの通貨って何やった?」

「タイ?オーストラリアはオーストラリアドルやし、インドネシアはルピアやなー。」

「80万ルピアってエライ大金に思えるけど、日本円にしたら8千円やねん。」

「そうや!そうや!80万ルピアってエライ大金に思えるけど8千円やねんなー。」

「財布パンパンになってたわーあははは」

「ホンマ珍道中やったわ・・あはははは」



・・・。




で・・


タイの通過はどこいってん・・




「コータに言われて大笑いやわ」


「ほんま80万ルピアって大金にみえて8千円やしな」

「ほんまエライ珍道中やったわ・・・あはははは」



・・・。




で、タイの通貨は?





「ホンマ、コータには笑かしてもろたわー」


「80万ルピアって大金ちゃうねん。8千円やねん」


「ホンマ、珍道中やったわー。あはははは」



・・・。






で!




タイの通貨はどうなってん!





コータって誰やねん!





80万ルピアは8千円って、もう解ったし、



珍道中も、言いすぎや!




その後、話は急にテレビの話題に・・・。


「今のテレビ32インチやし、小さいし今度42インチのテレビ買いたいねん」


「あんた!もうちょっと待っとき!11年に地上デジタルになるし、その時にしぃ」

「せや!なんぼでもエエモン出るさかい、その時にしぃ」

「でも、私の命の方が先になくなるかもやで!あはははは」



・・・。



いや・・・





まだまだ死なんで・・。




そうこうしてる間に、今度は前に座ってた6人組みのおばちゃんらが一斉に焼きそばを食べ出した。

そして箸を持ってる腕になんやら小さいプラスチックの丸いモンをつけていた。


ケンに、「何やろ?あのプラスチックの?」と聞くと・・

「迷子のセンサーちゃうか」という。


・・・。


誰に迷子って知らせるねん?・・



(後に、それは簡易の虫除けだと解った)


そして、一人のおばちゃんが焼きソバを食べ終え、今度は大きな巾着をバックから出し、出てきたものは渦巻状の蚊取り線香の束であった。

1枚取り出し、火をつけ足元に置いた。


・・・。



多分、この1枚でこと足りるであろうに・・・


あの線香の束を持ってくる必要があったのだろうか・・・。



後ろではまた、コータの話題になっていた・・・。


一体コータって誰やねん。



パーン!



花火が打ちあがった!




一つ打ちあがると後はもう1時間、息つく間もなく連続で打ちあがる!



パーン!パーン!パーン!
バババババ!パン!




1時間があっという間に過ぎた。



そして・・・。



「コータが・・・」






まだコータの話しとったんかい!




5000千人もの観覧者が一斉にバスへと向かうと大混乱の為、指示に従いブロックごとに席を立つ。


その間にケンがタバコを吸いに席をたった。


そして戻ってきた。



後ろから「新婚さんや~。新婚さんやわ」

って声が・・・。



え?



うちらのことか?




いつ新婚やって言ってん!




帰り、同じ所で下車をした、コータの集団。


最後には「気をつけて~。お疲れさん」まで言われ少し仲良くなったおばぁちゃんの集団。


ケンと二人・・・


いつか、うちらもあんな風な歳のとり方をしたいな~。

と幸せそうなおばぁちゃんの集団を見送ったのであった。


PL花火の動画を編集しました♪


2008年PL花火芸術 Pt.Ⅰ

2008年PL花火芸術 PT.Ⅱ

2008年PL花火芸術 PT.Ⅲ






花火が素晴らしいと思った人は拍手で教えてね(^_-)-☆










スポンサーサイト

Comments

いや~ん(><)
コメントどっかに消えたやんかぁ~
おばちゃんのこと笑った罰?
はぁ~
へこむv-12

で・・・コータて誰やねん?
気になるやんけ~

帽子も・・・
かぶった?
リンゴちゃんでよかったやんな~
茶色やったら・・・想像してしまったわ~

でも、綺麗な花火も見れて・・・
楽しい話題も聞けて・・・
良かった良かった~

私も、いい怪訝にニヤニヤするのやめって叱られたからそろそろお暇します~
またの更新楽しみにしてるよ~

きゃははははは(≧▽≦)
またまたご近所で噂になりそう・・・
夜中に怪しく笑ってしまったわぁ~(≧▽≦)

で、コータはだれ???タイの通貨って何??????
おばはん・・・幸せそうで何より・・・(≧▽≦)

りんごハットよかったやぁ~~~ん(///∇//)
ダンボールもピエロもキッツいわぁ~(*^▽^*)
りんごハットは私なら被るなぁ~(o≧▽≦)o
ボンボンさんは絶対1回は被ったと思うなぁ~( ´艸`)似合いそうやもん~♪

ホント、PLの帰りは地獄よねぇ・・・
私は前に行った時は奇跡的にすんなり帰れたんよ~
でも、原付で行った時は車は恐ろしいことになってたわぁΣ(゚д゚;)
帰りは5時間かかるらしいよ~(o≧▽≦)o

久しぶりにこっち読んだけど、
仕事中に読んでるんやけど、
声出して笑ってしもたわ(笑)
私もね、一度だけ行った事あるんやけど、
帰りの渋滞考えるとね。。。
そうゆうツアーいいかもね!
でもでも、お腹大洪水してるのに、
まだカキ氷食べるボンボンさん、
素晴らしい!!

Submit Comment

管理者にだけ表示を許可する

TrackBacks

http://cookiebonbon.blog58.fc2.com/tb.php/50-456ce131

 | HOME | 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

管理人ゆうこが作ったHP

わんこ(犬)と京都観光。そしてカフェもね♪
わんこと京都観光
犬と一緒に京都を観光するときのお役立ちHPです。京都へ観光の際はぜひ一度ごらんくださいね。

クッキーとあんこのブログ

京たんばのわんこだ!ぼん!
京たんばのわんこだ!ぼん!
ゆうこの愛犬クッキーとあんこのブログです。

プロフィール

ゆうこ

Author:ゆうこ
性別☆♀
相方☆ケン
相棒☆クッキーとあんこ:♀
http://cookiebonbon.a-thera.jp/で『京たんばのわんこだ!ぼん!』では相棒のクッキーとあんこの笑ける日常をほぼ毎日UPしてます

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。