面白可笑しく♪ボンボン☆ぼん♪

ゆうこの周りで起きた面白可笑しい出来事を思い出して綴っていきます。 ゆうこの面白話しで笑ってくれる人が一人でも多くいれば嬉しいです。 姉妹ブログ(愛犬クッキーのブログ)クッキーボンボンもよろしくね♪

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
それは、1通のデブ通告から始まった。




先日の健康診断の結果である。




総合判定には・・・






「アンタはデブやさかい、再検査や!」




と書かれていた・・・。




いや・・実際には・・・


「LDLコレステロールが高値です。精密検査をお受けください。」




と書かれていた・・・。





メタボリック判定では・・・






「アンタ・・



もうどうしょーないデブやで!



ちょっとは痩せやー!」



と書かれていた・・。





いや・・実際には・・




「あなたはメタボリックシンドローム予備軍に該当しています。」



と書かれていた。





職場から再検査通告を受け、この辺りでは一番大きな総合病院へ行ってきた。



自分がデブの意識はあるものの、


こうやって文字になり、


結果となったデブ宣告の通知を見ると・・・





さすがに危機感を感じ出してきた・・。





私はデブの他に、もう随分前から腰痛も患っている。




デブを患うのかどうかは定かでないが、



腰痛はココ最近かなり深刻になってきた。




近所の小さな総合病院は、評判のヤブ



何度行っても腰痛は一向によくならない。





デブ検査のついでに腰痛の検査もしてもらうことにした。





大きな総合病院なんて何年も前に



季節性のインフルにかかって以来




訪れたことがない。





病院の受付にいくと、何やらややこしそうである・・・。




小さな病院では、受付に行って悪い箇所を言うだけで




後は1枚の簡単な記入用紙なるものを書けばすぐに受け付けてくれる。




人でごった返している受付を、キョロキョロ見渡すと・・・




初診の方は・・の大きな文字で書かれた案内が目に入った。



その案内に従って行くと・・・




そこには、各科への問診票の用紙がズラリと置いてあった。





内科の問診票を書き、整形外科の問診票を書き、





ついでに、耳鼻咽喉科と眼科も受診することにした。





最近、腰の他に右肩と両足くびが痛い。




近所で評判のヤブ病院


診察結果では・・・





肩は40肩、両足首は年齢のせいだと言われた。




付け加えて・・・




ダイエットするようにも言われた。





結果を聞いた私は、





「どうせヤブ病院の言う事や!






間違ってるに決まってるわ!」




と思っていた。





そして近年、唯一のとりえであった視力までもがやられてきた。





また近所で評判のヤブ病院へ行った。





検査の結果。






「年齢のせいです!」と言われた。






・・・。






またしても年齢のせい・・・。






もう、こんなヤブ病院の言う事なんぞ聞くもんか!と思った。






ヤブ病院への検査の結果に納得のいかなかった私は、




この辺りで一番大きな総合病院の検査結果を知りたいと思った。






書いた問診票を持ち受付へ持っていった。








案内されるまで1時間も待った。





まずは、デブ検診である。





内科の診察室に呼ばれ、もう一度採血をすると言われた。




LDLコレステロールは、時間や日によって変動するので



健診では数値が高くても今日は範囲内ということもあると言われた。



最近の病院は、ヘンテコな文字でカルテへの記入をするのではなく、


私の話しを机の上に置かれたパソコンへ入力していくシステムになっていた。



いままで受けた健康診断では異常がなかったかを聞かれ、



いつもは正常範囲で再検診なんて初めてである旨を伝えた。




朝ごはんを食べたのかどうかも聞かれた。



私は、朝ごはんを抜くことがない。




朝を食べなければ昼まで腹がもたないため




必ず食べる。





しかし、先生は空腹の方が正確な検査結果が出るのだと言い、




パソコンに朝食を食べた旨を入力した。





明らかに残念そうな先生の表情を見た私は慌てて・・・






「でも、アンパン2個しか食べてませんよ!」



と言った。





今まで軽快にパソコンのキーボードを打っていた先生の手が・・





止まった。




あれ?・・・






1個って言った方が良かったかな?と後悔した。





その後、体重の話になった。






私は・・・





この7年で20キロも体重が増加した旨を伝えた。






え?20キロ!






先生の目までもが20倍大きさになったように見えた。







・・・。






これも言わない方が良かったのかと後悔した。





その後すぐに・・・






「でも普通の量しか食べてへんのですよ!」




と言った。





先生は、





「ま~・・・人間ご飯は食べないといけませんからね~・・」と言った。





そんなやり取りの後、採血をした。





血液の結果が出るまでの間、先に整形外科へと行くように




促された。





整形外科ではレントゲンを撮り、レントゲンを見ながらの





診察となった。





私は長く患ってる腰痛の本当の理由がようやく聞けると思った。




近所のヤブ病院で腰も肩も足首もすべて





歳のせい!だと言われた事を訴えた。






しかし・・・・




大きな総合病院の先生の口から出た言葉は・・・




「歳のせいともいえますね」だった。




年齢を重ねる事に骨と骨の間の軟骨は磨り減り



それが炎症を起こして痛みとなるとの事であった。




骨の周りの筋肉を鍛えるとともに






体重を減らすようにとも言われた。




・・・。





これでは、あのヤブ病院と同じではないか・・・。





私は、思わぬ言葉にショックを隠しきれなかった。




しばらくうつむき考え込んでいた・・・。




するとさっき、待合のローカに貼ってあったポスターが頭に浮んだ。



そのポスターに書かれていたのは、




ヒアルロン酸注射!




膝の痛みに、この注射を打つと痛みが





信じられないほど軽減する





夢のようなうたい文句が書かれてあった。




私は、この痛みが軽減するならどんな注射をも打ちたいと思った。




早速先生にローカのポスターの注射を打ってくれと頼んだ。






すると先生は・・・





「アナタは膝が痛いんですか?」と聞かれた。




膝の痛みも腰の痛みも私には同じものだと思ったのだが、




どうやらそれは膝にのみ有効な注射だったのだ。




またしてもショックでうつむき考え込んだ・・・。






・・・。







すると・・・






あの性悪の姉の言葉を思い出した。





ある日性悪の姉と電話で話していたら・・・






姉の知り合いが腰痛で病院へ行ったそうだ。




原因は重い体重のせいだという。




そして、病院から体重を落とすのに




「痩せ薬」なるものを貰ったと・・・・





そして性悪は私に・・・




「ゆうこも病院へ行って




痩せ薬を貰ったらええねん!」





と言って笑っていた・・・。




その時は、性悪が私のデブさを馬鹿にし、




腹が立っただけで、痩せ薬なるものの事など



気にもとめてなかった。




しかし、この腰の痛みが年齢のせいで




どうしようもない事を知った私は、



何にでもすがりたい思いだったのだ。





私はすがる思いで先生に痩せ薬なるものが存在する旨を伝え、





処方してくれるよう頼んだ。





先生は、「それは内科の先生に相談してくれ」とあきれた顔で言った。





そんな事を考えるよりも、この体操をして



すこしでも筋肉を鍛えてくださいと言われ




1枚の腰痛体操の書かれたチラシを渡された。




私は、しぶしぶそれを受け取り、残りの眼科、




耳鼻科の診察へと向かった。




眼科も耳鼻科も近所のヤブ病院と同じような




診察の結果しか言われなかった。




全ては歳のせいなのかと思うと少し自分が憐れになってきた・・・。





せめて・・・





体重だけでも落として、腰痛や足首の痛みを





軽減したいと思った。





血液の結果を聞きに再び内科へ戻った。




結果は正常値であった。




先生も笑顔でよかったですね~と言ってくれた。




私はその先生の笑顔に気が大きくなり




またしてもあの「痩せ薬」なるものの名を口走ってしまった。




先生は急に険しい表情になり




「おすすめできません!」と大きな口調で言った。




楽して痩せてもリバウンドが待ってるだけ!



しかもその薬はかなり怪しい薬だと言った。




食事制限ですぐに体重なんて落ちると言われた。



最後は怒られ病院を去っていくことになった。




・・・。





痩せ薬・・・






先生は怪しい薬だと言った・・・。





・・・





と言う事は・・・






痩せ薬は実際に






存在するのだ!






私は、あの近所のヤブ病院ならば・・・





もしや処方してくれるのでは?と思った・・・。





色んな思いに耽りながら会計をした・・・。






1万円を超えた!






たった半日で諭吉さんが吹っ飛んでいった。








それは、1通のデブ通告から始まった・・・。



私はスッカリデブの言葉に踊らされ・・・




最後には怪しい「痩せ薬」なるものまで




手を出そうと思ってしまった。





しかし、諭吉が目を覚ましてくれた。




私は、半日で諭吉が飛んでいく悔しさに




自分のデブを呪った・・・。




来年は諭吉が飛んでいかぬよう精進しようと




心に誓った日であった。




スポンサーサイト

 | HOME | 

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

管理人ゆうこが作ったHP

わんこ(犬)と京都観光。そしてカフェもね♪
わんこと京都観光
犬と一緒に京都を観光するときのお役立ちHPです。京都へ観光の際はぜひ一度ごらんくださいね。

クッキーとあんこのブログ

京たんばのわんこだ!ぼん!
京たんばのわんこだ!ぼん!
ゆうこの愛犬クッキーとあんこのブログです。

プロフィール

ゆうこ

Author:ゆうこ
性別☆♀
相方☆ケン
相棒☆クッキーとあんこ:♀
http://cookiebonbon.a-thera.jp/で『京たんばのわんこだ!ぼん!』では相棒のクッキーとあんこの笑ける日常をほぼ毎日UPしてます

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。