面白可笑しく♪ボンボン☆ぼん♪

ゆうこの周りで起きた面白可笑しい出来事を思い出して綴っていきます。 ゆうこの面白話しで笑ってくれる人が一人でも多くいれば嬉しいです。 姉妹ブログ(愛犬クッキーのブログ)クッキーボンボンもよろしくね♪

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、帰りの電車で赤ちゃんを抱いている
お母さんを見つけた。



私は、赤ちゃんが好きだ。


子供も好きだが赤ちゃんはもっと好きだ。



車内は私の帰る時間は座っている人もまばらで
結構空いている。



私は迷わず、その赤ちゃんを抱いたお母さんの
向かいの席に腰かけた。



可愛い赤ちゃんの顔を覗き込みたかったのだ。



私は笑顔で赤ちゃんを見た。


すると赤ちゃんだと思ったその子は
もう2歳くらいの子供であった。


そして、その子供は・・・







ジャイアンにそっくりだった!





そう。




あのドラえもんに出てくる







あのジャイアンに!




ジャイアンはまだ年も2歳くらいであろうに

何を苦悶しているのか

眉間に深い




シワを刻んでいた!




口を尖がらせ、



何かに怒っているのか


ホッペは真っ赤に膨らんでいた。




顔はジャイアンだが


私は何故だか


そのジャイアンがとても




気に入った!



私は赤ちゃんを見ると


ニッコリ微笑んでしまう。



すると大概の赤ちゃんは私を見て


ニッコリと満面の笑みをかえしてくれる。






私はこのジャイアンにも


いつもの笑顔を投げかけてみた。





ニッコリ




すると・・・



そのジャイアンは・・・







ニラミ返してきた!




眉間の深いシワはさらに深く・・


膨らんだホッペはさらに膨らみ・・・


尖がった口はまるで・・・


鳥のくちばしのように尖った。





ムムム・・・




このジャイアンは・・・



とても・・・





手強い!





エエ大人が若干2歳の子供に手強いなどと


思う方も思うほうだが、


そのジャイアンは、大人をそんな気持ちにさせる


何かを持っていたのだ。




そこで私は待った・・・



・・・。






電車が暗闇の中を静かに走っていた・・・


やがて電車の中にいる人たちは


その心地良い揺れに一日の疲れもあって


夢の世界へと引き込まれていった・・・


・・・。




ゴトゴトゴト・・・。




・・・。





やがて・・



ジャイアンのお母さんがウトウトとし始めた・・・。


そして、ジャイアンのお母さんの瞼は


まるで重いおもりがぶら下がったように


シッカリと閉じてしまった。








来た!









ジャイアンと私の勝負の時が来た!






私はジャイアンのお母さんが寝るのを







待っていた!








当りの大人たちも殆どが寝ていた。



この4人掛けの座席の中で




ジャイアンと私の戦いが・・・






始まった!








私はジャイアンに向かって



変な顔をしてみた!



口を尖らし右へ左へ動かし、


小さな目をめい一杯見開いたりした!


私はそのジャイアンを


どうしても





笑わせたかったのだ!



手も使って変な顔は


益々変な顔へと変身していった。



そのうち顔の筋肉が



つりだした!



でもジャイアンは・・・




笑わなかった!




変な顔の私を見て


今度は鼻を小さく





フンッ!




と鳴らしてソッポを向いてしまった・・





どうも・・・





嫌われてしまったようだ!





笑わすことに失敗した私は

つった顔の筋肉をさすりながら

諦めてもう真っ暗で何も見えなくなった

外の景色をみていた・・・。




・・・。



ある駅で電車は止まった。



私の乗っている電車は単線のために


北から来る特急電車が通りすぎるのを

待っていた。


ジャイアンのお母さんが起きだした。


そして、ジャイアンに

『カニの列車が来るよ!』と言った。


ジャイアンは太った身体を前のめりにし

窓の外を見つめた。

特急列車は日本海まで走っている。

今は日本海はカニのシーズンの

真っ只中だ。

きっとそのジャイアンの家では

カニを食べに行く時にその列車に

乗ったのだろう。


そして特急列車が猛スピードで

通りすぎていった。


身を乗り出してまで


カニの列車を除き込んでいたジャイアンは


通り過ぎていったカニの列車を見て







フンッ!




と鼻を鳴らしてまた横を向いてしまった。







・・・。







私は気づいた!





この鼻の音は・・・






喜んでいたのだ!




私は途端に嬉しくなった。



顔の筋肉をつらせた甲斐が

あったというもんだ!




やがて列車はゆっくりと走りだし、


ジャイアンの降りる駅へと近づいた。


ジャイアンのお母さんは

ジャイアンに靴を履くように言った。


ジャイアンは小さな手で

不器用に靴を履き出した。


中々うまく履けない靴に

眉間のシワはまた深くなった。


そしてやっと履けた靴を見て


また・・・






フンッ!




と鼻を鳴らして電車を降りていった。






私はその光景に思わず顔が

ほころんでいた。





またいつかこのジャイアンに会いたいものだ・・・。




そして、今度はもっと



ジャイアンに思う存分・・



鼻を鳴らせてみようと



闘志が湧いてきたのだ!

















スポンサーサイト

 | HOME |  »

カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

管理人ゆうこが作ったHP

わんこ(犬)と京都観光。そしてカフェもね♪
わんこと京都観光
犬と一緒に京都を観光するときのお役立ちHPです。京都へ観光の際はぜひ一度ごらんくださいね。

クッキーとあんこのブログ

京たんばのわんこだ!ぼん!
京たんばのわんこだ!ぼん!
ゆうこの愛犬クッキーとあんこのブログです。

プロフィール

ゆうこ

Author:ゆうこ
性別☆♀
相方☆ケン
相棒☆クッキーとあんこ:♀
http://cookiebonbon.a-thera.jp/で『京たんばのわんこだ!ぼん!』では相棒のクッキーとあんこの笑ける日常をほぼ毎日UPしてます

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。